ドラえもんこけしがキュートでかわいすぎる!(卯三郎こけし)

ドラえもんこけし ライフハック

こんにちは。新潟散財のsukoyakaです。

突然ですが、あなたは「こけし」と言われたら何を思い浮かべますか?


まあ普通これですよね。

これはこれで味があっていいけど、今日はもっととっておきのかわいいこけしを紹介するぜ!

ドラえもんこけし~(秘密道具紹介風)

ドラえもんこけし

じゃん!その名も「ドラえもんこけし」

え?こけしってそういうのもありなの?

はい、sukoyakaも今までこういうキャラクターもののこけしがあるだなんて、考えたこともありませんでした。

sukoyakaがこのドラえもんこけしを知ったのは、例によってsukoyakaが好きなyoutuber、瀬戸弘司の動画でした。

動画でこのドラえもんこけしを見た瞬間、「こりゃなんてかわいいんだ!」となり、急いで公式サイトから注文したのであった。

意外とこの瀬戸弘司の影響力が結構あり、以前も紹介されてた商品が一時品切れになったりしていたので、今回ももしや品切れになるのでは!と思ったのです。

実際、sukoyakaが注文したときは既に品薄状態であったが、なんとか購入することができた。

それじゃあこのかわいいドラえもんこけしについて詳しく紹介するぜ!

ドラえもんこけしのクオリティについて

どうせよくわかんないメーカーが作っていてちゃっちいんでしょ?

いえいえ、このドラえもんこけしは「卯三郎こけし」という群馬県にある工房が製造しています。公式HPによると創業者は昭和25年から製造を始めたという歴史のある工房で、伝統的な工芸品としてのこけしを製造しているいわばれっきとした「匠」たちがこのドラえもんこけしを作っているのである!

つまりおもちゃではなく、工芸品なのである!

sukoyaka
sukoyaka

ロマンあふれるぜ!

クオリティについては、申し分なし!

触った瞬間、伝統的なこけしの木の感触とともに、適度な重さ、そして細部まで丁寧な色づけがされており、高級感とともにいいものを買ったぞ!という所有感に浸れます。

卯三郎こけし

ちなみにこんな箱に入っています。高級感!

ちょっと飾っておくのに丁度良いサイズ感

それでは写真をご覧あれ!

ドラえもんこけし
ドラえもんこけし
ドラえもんこけし
ドラえもんこけし

どうですか?かわいいでしょ?

ちなみに目や口などは黒で線を書いているのではなく、職人がニクロム線を熱した焼きゴテで焼いて描いているんだそうです。
そういう職人技で作られているってところもたまらんわ~!

このドラえもんこけしですが、
・サイズ (mm) :幅 58 × 奥 58 × 高 92
・重量:100グラム
となっており、その辺にちょっと飾っておくのに邪魔にならずとてもいいサイズ感です。

友人の子どもが遊びに来た時も、このドラえもんこけしを見つけて、

「あ~ドラえもんだ~!」

とテンションが上がっていました。

おすすめです!

sukoyaka的には
・とにかくかわいい
・みんな知っているドラえもんがこけしになっているという意外感
・おもちゃではなく工芸品としてのクオリティの高さ
・高級感、いいもの感
がとても気に入っています!

かわいい小物が欲しいな~とか、ちょっと飾れるいいものが欲しいな~って方には特におすすめです。

あとかわいいのでインスタ映えしそうな気がする。

HP見てみると他にもドラミちゃんだったり、ミッキーだったり、スターウォーズ、バカボンなど様々なキャラクターこけしを販売しています。
もちろん伝統的なおかっぱ頭のこけしなんかも販売しています。

こけしなんて全然興味なかったけど、このドラえもんこけしをきっかけにちょっと興味がわいたのでした。

卯三郎こけしの公式HPはこちらからどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました